「水のトラブル24」は株式会社スリーエスが
運営しております。
水のトラブルの役立ち情報
【対応エリア】東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城(対応エリア順次拡大中!2020年3月1日現在)
24時間365日
専用フリーダイヤル
スタッフが丁寧に
ご対応致します!

トイレのつまりの原因と対処方法を解説。お湯や洗剤で解消できる?

カテゴリー
トイレのトラブル
つまりトラブル

誰もが毎日何度もお世話になるトイレ。普段は用を足した後水が流れるのを当然に思っていますが、ある日突然つまってしまい困り果ててしまうことも。
とはいえいつまでもつまった便器とにらめっこしながら頭を抱えているわけにもいきません。当ページではトイレつまりの原因と修理方法についてご紹介いたします。

※通常、水まわりの修理は専門の水道修理専門の水道修理業者が行うものです。当記事では、一般家庭の方に水のトラブルが発生した際の正しい知識と対処法を知っておいていただくための内容となっております。家の構造や作り、使用している設備のタイプや構造によって、当記事で紹介している内容が実施できない場合もございます。また、紹介した内容を実施してトラブルが悪化したり設備が破損してしまっても当社では一切の責任を負いません。自己責任の元でお願い致します。

トイレのつまりの原因は一つではない!

近年のビルやマンション、戸建てのトイレに関してはトイレの性能の高さや配管設備がきちんと整備されているため、普通にトイレを使用していれば、よほどのことがない限りトイレがつまることはほとんどありません。しかし、それでも間違った使い方や何らかの原因によってトイレがつまってしまう場合があります。
そして、トイレのつまりと一言で言っても原因は様々で、それによって修理方法・対処方法も異なってきます。
もしここで紹介する内容に該当するようなケースがありましたら、参考にしてみてください。
それでは、まずはトイレのつまりの原因について、よくあるケースを見ていきましょう。

トイレのつまりの原因①流す水の量が少ない・水圧が弱い

普段から節水を心掛けることは素晴らしいことですが、誤った節水の仕方がトイレのつまりの原因になってしまうこともあります。水圧の低い「小」で流していたり、タンク内にペットボトルを入れて水量を少なくしたりすると、水量不足によってきちんと流せずトイレのつまりの原因になりやすくなります。

トイレのつまりの原因②トイレットペーパーや排せつ物がつまる

トイレのつまりの原因で最も多いのがトイレットペーパー。トイレットペーパーも排せつ物もどちらも水に溶けますが、一度に沢山流してしまうと溶けきれずにつまってしまいます。

トイレのつまりの原因③そもそも水に溶けないものが入ってしまった

水に溶けないものを流そうとすると、つまりの原因になってしまいます。よくある主な溶けないものは以下のとおりです。

ⅰ)トイレ用のお掃除シート

「トイレに流せる」とうたわれているお掃除シートですがご注意ください。一度に大量に流すと排水管等で詰まることがあります。

ⅱ)ティッシュペーパー

残念ながらティッシュペーパーは水に溶けるように作られていません。流すとつまりの原因になってしまいます。

ⅲ)生理用ナプキンやおむつ

生理用ナプキンやおむつを流すとポリマーが膨れてトイレのつまりの原因になってしまいます。

ⅳ)嘔吐物や食べ残しなどの食品

こちらは飲食店などでよく発生するトイレのトラブルですが、嘔吐物や食べ残しの食品をを大量に流すとトイレがつまってしまいます。また、食品に含まれる油等が排水管で固まり、つまりの原因になってしまうケースもあります。

ⅴ)猫砂

お掃除シートと同様に水に流せるタイプがありますが、大量に流すとつまりの原因になってしまいます。

ⅵ)スマホなどの固形物

うっかり落としてしまうこともあるスマホ等の身の回り品。前述のものと同様水に溶けるものではないのでつまりの原因になってしまいます。

トイレのつまりの原因④建物内部の排水管や下水菅でのつまりやトラブル

上記で紹介したトイレのつまりの原因は、主にトイレ便器で発生するトラブルでしたが、それ以外に排水管、下水管のつまりやトラブルが原因の場合もあります。どこでトラブルが発生しているのか原因の特定も難しく、きちんと現場調査を行わないといけません。また、建物内部の排水管や下水菅のつまりの場合は自分で対処することは難しく、修理の緊急性も非常に高くなりますので、まずは専門の水道修理業者に相談しましょう。

トイレのつまりの対処方法

ここまでトイレのつまりの原因をご紹介していきましたが、今度は実際にトイレのつまりが発生してしまった場合の修理方法や対処方法についてご紹介していきます。
ただし異物の処理や配管の修理など、専門的な知識や道具が必要なトラブルに関しては水道修理業者でないと対応が難しい場合も多いので、少しでも不安を感じたら無理をせずに専門の水道修理業者に頼むことをおすすめします。

トイレのつまりの対処法①トイレットペーパーや排せつ物等水に溶けるものの場合

トイレットペーパーのような水に溶けるものが原因でトイレがつまってしまった場合、2~3時間程放置しておけばつまりが解消される場合もあります。時間を置いても解消しなかった場合は以下の方法を試してみてください。

ⅰ)節水用にタンクにペットボトルを入れてる場合は、取り除き流す水の量を調節する

節水をするための工夫でタンク内のペットボトルを入れてる方もいらっしゃるかと思いますが、これを取り除くことによって水量不足を解消し、通常の水量で流すことで解決するケースもあります。

ⅱ)バケツ等を使って水を流してみる

放置しても流れないということは、何らかの原因で本来溶けるものが溶けにくい状態になっていると推測されます。バケツやペットボトルに入れた水を少し高い位置から注いでください。この時、排水口に向かって滝をイメージしながら注いでください。勢いをつければそれだけつまりが奥に流れやすくなりますが、勢いが強すぎると逆に水が溜まってしまうのでご注意を。

ⅲ)ぬるま湯を入れてみる

つまりの原因をふやかしやすくするためにお湯を使います。上記のバケツ等を使って水を流す方法と同じようにお湯を流し、1時間ほど放置してください。一度でつまりが解決しなければ、何度か繰り返してみましょう。
ただしここで気を付けなければいけないのはお湯の温度は50℃程度にとどめておく必要があります。というのも便器は陶器でできているため、水の温度が高すぎるとひび割れしてしまいます。
こちらの対処方法を用いればかなりの確率でつまりが解消するはずです。

ⅳ)重曹やクエン酸(お酢)を併用してみる(つまりの原因:トイレットペーパーの場合)

より早くつまりの原因をふやかすために重曹やクエン酸(お酢でも可)を使う方法もあります。上記のぬるま湯を便器に入れる際に重曹とクエン酸(お酢)を1:2の比率で追加することで効果が上がります。ぬるま湯だけでは解決しなかった場合に試してみてください。ちなみに、具体的な量を述べると、重曹は計量カップ1/4程度、クエン酸(お酢)は計量カップ1/2程度を入れてください。また、重曹とクエン酸(お酢)を追加した後水面が泡立ってしまうことがありますが、これは二酸化炭素ですので害はありません。

ⅴ)アルカリ性洗剤を使用してみる(つまりの原因:排せつ物の場合)

排せつ物がつまりの原因になっている場合、アルカリ性洗剤を使うことで便を溶かす方法があります。使用する洗剤は液体タイプのものを選んでください。使い方は先述の重曹やクエン酸(お酢)を使うときと同じです。ぬるま湯を便器に入れる際にアルカリ性洗剤を100cc程追加し、しばらくの間放置することで便を溶かすことができます。

ⅵ)それでもつまりが解消しない場合は

下記の「ラバーカップ(すっぽん)を使用する」を参照してください。

トイレのつまりの対処法②水に溶けないものの場合

水に溶けるものについてご紹介していきましたが、今度は水に溶けないものについてもご紹介していきます。
こちらはトイレ用のお掃除用シートや猫砂のような水に流せるタイプのものとそれ以外で対処方法が異なってきます。
ちなみに、水に溶けるものが原因のトイレのつまりは2~3時間程度放置しておけばつまりが解消される場合もありますが、水に溶けないもので生理用ナプキンやおむつのような水を吸って膨らむものは放置していると状態が悪化してしまいます。放置せずに直ちに対処するようにしましょう。

ⅰ)ぬるま湯や洗浄剤を入れてみる(つまりの原因:お掃除シートや猫砂の場合)

つまってしまっているお掃除シートを溶かすため、前述のぬるま湯や重曹やクエン酸(お酢)を使用してください。解決しなかった場合は下記の方法を試してみてください。

ⅱ)ラバーカップ(すっぽん)を使用する

誰もが一度は目にしたことのあるラバーカップ、いわゆるすっぽんです。こちらを使用してつまりを解消していきます。ここでは簡単に使用方法を確認していきましょう。

  • ⑴ 水があふれるのを防ぐため便器内の水をバケツ等に移す
  • ⑵ 排水口に隙間ができないようにラバーカップをくっつける
  • ⑶ ラバーカップを排水溝にゆっくりと押し込む
  • ⑷ ラバーカップを勢いよく引き抜く
  • ⑸ ⑶と⑷を繰り返す
  • ⑹ つまりの原因が出てきたら便器から取り出す

ⅲ)それでもだめな場合は専門の水道修理業者に連絡。

それでもつまりが解消しない場合は、無理をせず専門の水道修理業者に連絡しましょう。
無理をしてしまうとトイレの水が溢れて水浸しになってしまったり、最悪便器を壊してしまい、修理に多額な費用が掛かってしまうことがあります。

トイレのつまりの対処・修理は、無理をせずに専門の水道修理業者に

以上のようにトイレのつまりは、原因が明確で対処しやすいものであれば、自分で解決できる場合もあります。
ただし、トイレのつまりの原因がトイレ室内でなくその先の建物内部で発生していたり、下水菅等で発生していた場合は自分で修理することは不可能です。それが原因の場合には、間違った対処法により事態が悪化してしまったり、被害が拡大してしまいます。結果的に修理に多くの費用が掛かってしまうこともあります。また、専用の工具を使用した対処・修理は専門の水道修理業者でないとできません。
「最初から専門の水道修理業者に依頼すればよかった」と後悔する前に、
原因が不明確な上、自分で対処・修理するのが少しでも難しいと感じたら、早めに専門の水道修理業者に連絡しましょう。

トイレ・キッチン・洗面所の水のつまり、水漏れ、水道工事は、 緊急対応「水のトラブル24」にお任せ! 水のトラブル、頼れるパートナー 水のトラブル24
プロの水道技師
深夜・早朝対応
事前見積で安心
お急ぎの方も安心24時間365日
いつでも迅速にご対応します!!
  • プロの水道技師
    深夜・早朝対応
    事前見積で安心
    お急ぎの方も安心24時間365日
    いつでも迅速にご対応します!!
    見積完全無料です
    水のトラブル解決は時間との勝負!
    まずはお電話相談してください!
    専用フリー
    ダイヤル
    0120-777-719
    各種決済も
    利用可能!
    プロの水道技師
    深夜・早朝対応
    事前見積で安心
    お急ぎの方も安心24時間365日
    いつでも迅速にご対応します!!